無料イーラーニングサービス | イーラーニングサービス比較【教育研究所】

イーラーニング無料サービスも続々

無料のイーラーニングもあります

イーラーニングシステムを導入すると聞くと、とても大きな費用が必要になりそうな気がしますよね。
でも最近では無料でイーラーニングを提供してくれるところも増えてきているんです。
それには色々な思惑があるでしょうが、使う側にとって無料であることはとても良いこと。
どこかでその情報と出会ったら奥深くまで覗いてみるといいでしょう。
そのシステムを提供している会社の他の商品をアピールしたいがために敢えて無料でイーラーニングサービスを
提供しているなどが会社側の主な思惑になると思いますが、
もし無料のシステムが良ければ他の有料システムを使ってみても自分のためにはなるのかもしれません。

無料提供でもレベルはさまざま

無料のイーラーニングサービスだからといって必ずしも質が低いわけではないことは知っておきましょう。
また、信用できないと疑い過ぎるのも禁物。
無料でも水準の高いイーラーニングサービスは多々あります。
最初にも書いた、他の商品をアピールするためであれば無料のイーラーニングシステムも企画や開発には本気を出し、
他の有料システムを使ってみたいと思わせてくれるような質になっているはず。
逆に無料だから適当に作ってしまえ、という会社があるのも事実。
そういったところは何を目的にしているのか定かではありませんが、
無料なので特別利用者にデメリットがもたらされることはないでしょう。

無料なら使わない手はないでしょう

どんな目的が提供会社にあるにせよ、無料であれば使わない手はありません。
イーラーニングシステムがどういったものなのかを知らない人ならなおさら。
もしかしたら人生を変えるほどの出会いになるかもしれませんし、
イーラーニングそのものに興味を持つキッカケになるかもしれません。
結果的に損をすることはないのです。
ただ、個人情報を相手に伝える仕組みによって初めてイーラーニングシステムの提供を
受けられるような場合には少し注意するようにしてください。
無料配信・無料提供が個人情報を集めるための手段かもしれないからです。
しかしこれはあくまでも無料のみのイーラーニングを取り扱っているところに限られます。
あまり用心深くなり過ぎるのもどうかと思いますが、
避けられる被害については事前に自己防衛しておいてください。

どこまでが無料なのかをチェック

無料のイーラーニングサービスを利用する場合には、それがどこまで無料なのかのチェックも忘れずにしておきましょう。
もしかしたら利用中にいきなり有料に切り替わってしまうケースがあるかもしれません。
そんな会社はすぐに淘汰されるのでまず心配ありませんが、例えばイーラーニング講座であれば、
前半だけ無料でその後のシステム利用は有料になる、というケースであれば珍しくはないでしょう。
無料で利用できる範囲を確認し、それに納得した上で活用するようにしてください。